ドリームクリエイターとは?

インターネットが普及した現在、イラストを投稿したり、自身の歌声を投稿したり、自作の動画を投稿したりと、クリエーター志望の人達が気軽に自分の作品を観てもらえる時代になりました。今やテレビよりもネットが強い時代。ネット上で配信されるラジオや番組には最新情報が詰まっていて、新進気鋭のクリエイターたちは家に居ながらネット上で活動することが可能になったのです。そんな風にネット上で活躍しているクリエイター達を応援しようという番組がありました。テレビ東京とニコニコ動画で放送されていた「ドリームクリエイター」です。

「ドリームクリエイター」について

「ドリームクリエイター」は、ニコニコ生放送とテレビ東京で放送されていたテレビ番組です。「ドリクリ」という略称で親しまれていました。2011年5月1日から放送開始したこの番組は、約11ヶ月の放送を経て2012年3月29日にいったん「打ち切り」になり、その後2012年7月5日に再開。2013年4月3日からは「ドリーム2クリエイター」にタイトル変更したのですが、2013年9月25日にその幕を下ろしました。ネット上で話題になっている注目のクリエイターが毎回登場し、まるでプロのような作品たちが次々投稿されるこの番組は、これからクリエイターを目指す人たちの大きな励みになっていました。「インターネットの世界で活躍するクリエイターを紹介・応援する番組」とのコンセプトのものと、クリエイター(視聴者)とともに作り上げていく番組で、番組のオープニング動画やそこで流れるナレーション、クロマキー合成による番組背景といった部分まで視聴者の作品が取り入れられていました。また、収録放送中にゲストがリクエストしたことをユーザーが放送中に作品を作成、投稿し、番組内で紹介されるといったインターネットならではの試みも行われていました。テレビ東京とニコニコ生放送の放送形態は以下の通りです。

放送形態

  • テレビ東京・・・第1期は毎週日曜日25:35~26:05に放送していました。第2期・第3期は毎週木曜日27:00~27:30放送に変更となり、第3期途中の2012年10月4日から毎週木曜日27:05~27:35分に、2013年4月3日から毎週水曜日25:35~26:05にそれぞれ移動しました。
  • ニコニコ生放送・・・テレビ放送の前週の火曜日に先行放送されていました。30分番組として編集されたテレビ版とは異なり、無編集の生放送でした。放送開始時刻は、2013年4月から隔週火曜日21:30~26:00の2本撮りで、番組時間は名目上は4時間30分と告知されていましたが、収録が終了するまで延長されるため、実際の番組時間は決まっていませんでした。

出演者

スタジオMC

  • 百花繚乱・・・「ニコニコ生放送」出身のネットタレント。芸能事務所などには所属せずにフリーで活動している。
  • 石田晴香・・・アイドルグループ・AKB48のチームKのメンバー。MCとなる以前は2012年1月14日から準レギュラーとして出演していた。
  • 田村淳・・・お笑いコンビ・ロンドンブーツ1号2号のボケ担当。様々なバラエティー番組で司会者として活躍している。

アシスタント

  • 桃知みなみ・・・アイドル、タレントとして活躍している人物。顔が限りなくアニメに近いことから「アニメちっくアイドル」と称されている。
  • ドグマ風見・・・岐阜を拠点に活動する動画制作集団「してくべ」の中心人物。ゲーム実況やニコニコ生放送などで活躍している。

ドリクリ研究生(にぎやかし)

  • アイシス・・・スペイン人の父と日本人の母を持つハーフタレント。ニコニコ生放送の「生主」として知られている。番組内の1クール限定ユニット「閃光花火」のメンバーの1人。
  • 荒木奈々・・・埼玉県出身のグラビアアイドル、タレント。番組内の1クール限定ユニット「閃光花火」のメンバーの1人。
  • ゆうなまん・・・番組内の1クール限定ユニット「閃光花火」のメンバーの1人。
  • 爆笑コメディアンズ・・・吉本興業東京支社所属のお笑いコンビ。主に学園系やオカルト、ホモネタなどのコントを得意としている。
  • いずみ包・・・ピンで活動するものまね芸人。自称日本唯一のジブリ芸人として、宮崎駿監督のものまねなどを披露している。その他に得意なものまねは、美輪明宏・田村正和など。

ドリームプリンセス

  • 中嶋春陽・・・神奈川県出身の女優(元:子役)。フジテレビのドラマ「スクール!!」などに出演した経験をもつ。クリエイターが番組に投稿したメロディーと歌詞をエンディングで歌う「ワンフレーズガールズ」として出演。
  • 山口ましろ・・・東京都出身のタレント。特技はクラシックバレエと声楽。「ワンフレーズガールズ」のメンバーの1人。
  • 平山佳奈・・・埼玉県出身のモデル・タレント。カタログ「ベルリッツティーンズ広告2013」などに出演。「ワンフレーズガールズ」のメンバーの1人。

ナレーション

  • 水野らむね
  • おーくまねこ。

番組公式キャラクター

くぎうまちゃん

OGM的に誕生した番組キャラクターです。ゲスト出演した「三重の人」のイラストを原案に、視聴者によってデザインされました。くぎうまちゃんの誕生経緯は少々複雑で、まず最初に番組ゲストとして出演した「三重の人」が番組内で描いた「ヤマタノオロチ」が、まるで釘の刺さった馬にしか見えないとして「釘馬」なる名前が付けられました。次に視聴者の一人である「popop(ぽぽっぷ)」がスクール水着姿で背負ったランドセルから7本の首が生えた擬人化キャラとして番組に投稿しました。そこに音声専門コミュニティサイト「こえ部」からの投稿で選ばれた「水野らむね」が声をつけ、「くぎうまちゃん」が完成したのです。

ドソクソちゃん

2012年3月23日の番組中にゲストの岸田メルが描いた少女のキャラクターです。自筆の題字「ドリ☆クリ」が「ドソ☆クソ」と読めたことから「ドソクソちゃん」と名付けられました。

番組の中身

今週のワンフレーズP

視聴者が口ずさんだりボーカロイドを用いて歌わせたフレーズを、ゲストのボカロP(動画投稿サイトでボーカロイドを使った作品を投稿する人物の通称)が編曲し、伴奏をつけてその回のエンディング楽曲として作り上げるという企画です。フレーズは事前に投稿されたものか、スカイプで直接披露されたものの中からその回のゲストPが選びます。ゲストPがスタジオに来られなかったり、スカイプが繋げないなどの理由で本人が選出できない場合はスタジオにいる誰かが代理で決定するという方式が採られ、番組内ユニット「ワンフレーズガールズ」(山口ましろ、中嶋春陽、平山佳奈の三名)が歌いました。

「くぎうまちゃん」島根公認キャラクターへの道

番組キャラクターのくぎうまちゃんを島根県の公認キャラクターにしようという企画です。ヤマタノオロチ伝説発祥の地とされる島根県のご当地キャラクターとして認めてもらうべく、水野らむねが伝説の生まれた地である雲南市に出向き、市庁舎での行き違いを経た後に都内のアンテナショップ「にほんばし島根館」にて市長と面会し、雲南市の特別住民票交付の確約を得ることに成功しました。さらに同アンテナショップのホームページにおいて日本地図の中から島根県の場所を当てるクイズを実施。正解者が島根県の人口を超えたら立て看板を設置するという企画を行い、達成したことで巫女服姿の立て看板が作られ、入り口に設置されました。

女子アナアニソン対決

情報番組「アニソンぷらす」との連動企画です。双方の番組が擁するアナウンサーのチームが「歌ってみた」動画をニコニコ動画に投稿し、再生数を競いました。「ドリクリ」チームには繁田美貴・白石小百合・紺野あさ美・植田萌子、「アニソンぷらす」チームには相内優香・秋元玲奈が参加し、ドリクチチームが勝利しました。

ドリーム・ボーカリスト

既存のアニメソングを有名ボカロPがアレンジし、それをカラオケ音源にしたものを使って視聴者が歌い、ニコニコ動画やこえ部に投稿し、その中からボカロPが最終候補の数作品をチョイスし、ニコニコ生放送内のアンケートで最も得票数を獲得した歌い手がCDデビューできるという企画です。企画は「ピリオド」という単位で区切られ、第5ピリオドまで行われました。それぞれのピリオドで選出された歌い手はエスエムイーレコーズから2012年3月21日発売の同名アルバムに収録されました。それ以外にも特別編として、「残酷な天使のテーゼ」を視聴者が歌い、投稿した全員の歌声をミックスしたものを同CDに収録する合唱企画も行われました。

ワンクールアイドル

「ワンクール(約3ヶ月)後には解散」ということだけがあらかじめ決定している状況でスタートした期間限定のアイドル企画です。解散までのごくわずかな期間に、オーディションからボイストレーニング、ライブ、オリジナル楽曲作成、PV撮影、解散ライブなどアイドルが経験する様々な出来事を駆け足で体験します。先述の通り解散することとスタッフ以外は何も決まっていなかったため、グループ名も番組内でユーザーが持ち寄った案をネットアンケートにかける方式がとられ、「閃光花火」に決定し、オーディション会場で発表されました。オーディションの段階では採用人数も決まっておらず、最終的には16人が選ばれました。解散ライブではオリジナル楽曲「記憶はいつまでも君に残る」を披露しました。予定通り7月7日に解散となり、企画はそこで終了するはずだったのですが、秋葉原で開催される「アキバ大好き!祭り」からのオファーが舞い込み、急遽「延長戦」のアンケートが行われるこことなりました。イベントは解散後の開催でしたが、解散を七夕に設定していたため、厳密には「ワンクール未満」になってしまうという事情もありました。番組側が閃光花火に提示した参加条件は番組内のアンケートで「参加しても構わない」とする意見が90%以上という厳しいもので、結果は失敗に終わります。しかしメインステージに立つことはできませんでしたが、会場そばでCDの手売りを行いました。

その他の企画

  • 「一般人&AD(決定)」CDデビュー・・・水野らむね(声優志望の一般人)とマスク姫(番組AD)のユニット「一般人&AD(決定)」をCDデビューさせようという企画。ユニット名の(決定)は、当初(仮)という仮称だったのが正式名に決定したため。
  • みんなでPVを作ろう・・・視聴者から寄せられたイラストを素材として、映像クリエイター三重の人が、ローソン公式キャラクター「あきこロイドちゃん」の公式PVを作成するという企画。
  • 歌のあるガムプロジェクトNEXT・・・2009年から行われているオーディション「歌のあるガムプロジェクト」の第3弾を番組内で行うという企画。合格者はロッテのCMソングに採用される。
  • Document of DREAM CLEATORS・・・動画共有サイトで活躍する様々なアーティストにスポットを当て、ドキュメンタリー形式で紹介する企画。

新進気鋭のクリエイターを応援!
ドリームクリエイター

新進気鋭のクリエイターを応援!ドリームクリエイター イメージ