全力!ネットユーザーつくり場~集まれ!ドリームクリエイター~

「全力!ネットユーザーつくり場~集まれ!ドリームクリエイター~」は、2013年10月6日から2014年3月30日までテレビ東京で放送されていた深夜バラエティ番組です。インターネットを通じ視聴者と出演者が力を合わせて今までに無い新しいものを作っていこうという番組で、「ドリームクリエイター」と同じMC陣が採用されており、事実上の後番組となっています。収録の模様は「ドリームクリエイター」と同じく隔週火曜日22:00からニコニコ生放送にて公開されていました。

出演者

MC

  • 百花繚乱・・・ネットタレント。
  • 石田晴香・・・AKB48・チームKのメンバー。
  • 田村淳・・・ロンドンブーツ1号2号のメンバー。

アシスタント

  • 桃知みなみ・・・アニメちっくアイドルとして知られる人物。
  • ドグマ風見・・・ゲーム実況・生主として有名な人物。
  • アイシス・・・ドリームクリエイターから引き続き出演するアシスタント。生主として知られる。
  • 海来・・・「みらい」と読む。海外や国内のファッションショーを中心に活動するモデル。
  • 相楽咲花・・・タレントとして活躍する19歳。キンプンマンレディーを演じた。

レギュラー

  • ねぎたん・・・現役OL生主。「新妻選手権」の企画で優勝し、レギュラーとなった。

番組の中身

田村淳に贈るウェディングソング

MCの百花繚乱が担当するプロジェクトです。この番組は、2013年9月17日の深夜に第1回目の収録が行われたのですが、その際、同日に入籍した田村淳に贈るウェディングソングを作ろうということになりました。品田英雄の世界で勝負するならダンスナンバーなものが良いという意見から、ダンスナンバーなウェディングソングを作ることに決まります。百花繚乱がTwitterで作曲者を募集したところ、リツイートを見たというネットユーザーから反応があり、作曲を依頼することになりました。ダンサーのTAKAHIROの意見をヒントに、百花繚乱が振付をしたダンス動画をイメージとして作曲が進められました。歌詞はニコニコ生放送でネットユーザーと一緒に考えて作られました。歌手はニコニコ動画の歌ってみたで活動している「新社会人」に決まり、こうしてウェディングソング「スタートライン」が完成したのです。その後、女性ボーカルバージョンも作ろうということになり、ヒップホップグループ「So'Fly」のメンバーGIORGIO 13が担当することに決まりました。歌い手は同じく「So'Fly」のメンバーであるTOKOが担当し「ずっとだよ」が完成しました。田村淳は番組中に「まだ結婚式をやるかは分からないけど、本当に結婚式をやる時は使うよ」と語りました。そして実際に2014年2月22日に行われた挙式後の結婚披露宴にて、新郎新婦入場曲に「ずっとだよ」を使用しています。

つくり場アルバムCD

「田村淳に贈るウェディングソング」企画にて、百花繚乱がプロデュースして作った曲が、2013年10月15日収録の作品発表会で発表されました。その際「いい感じに仕上がっているのでCD化したい」という話になり、日本コロムビアのプロデューサーも出演してCD化への道が動き出しました。最初はシングルCDと言う方向で動いていたのですが、2013年11月12日収録による出演者の無茶振りでアルバムCDの方向へと転換していきます。そして同年12月10日の収録で、アルバムCD発売決定が発表されました。アルバムCDは2014年2月19日に『ニコ動とテレ東「つくり場」から生まれた企画アルバム~集まれ!ドリームクリエイター』というタイトルで発売されました。

新しい東京のお土産「東京ソース」を作ろう

2020年に開催が決まった東京オリンピックに観光客が沢山来ることを見越して、東京の代表的な御土産を作ろうと言う企画で、MCの田村淳が担当しました。ニコニコ生放送でもアイデアを募集して色々な種類のソースが作られました。ソース試食会も開催された結果、白みそとピーナッツを合せたソースとチョコレートとベリーを合せたソースの評価が高く、マックスリミテッド社から「ロンブー淳が作った 東京白ソース」と「ロンブー淳が作った 東京黒ソース」と言う名前で商品化が進められました。同商品は2014年3月20日からJR山手線の「NEWDAYS」で販売が開始され、販売店は順次拡大される予定です。また、つくり場CDに収録されている「よこそう東京へ音頭」も同じく田村淳が担当で作られた楽曲で、2020年の東京オリンピックを盛り上げるためのテーマソングというコンセプトがありました。

乙女ゲーム「恋愛 エターナル学園」プロジェクト

MCの石田晴香担当のプロジェクトです。石田晴香は自らが激萌えできる乙女ゲームを作ろうと言うことで、企画書を書き、オンラインゲームやモダイルエンタテインメントの企画・プロデュース・運営を行っているウィローエンターテイメントに売り込みに行きました。番組の流れで石田晴香の性癖が語られ、「なじられたい」をテーマにした乙女ゲームという方針が決まります。企画は本格的に行われ、ゲームに参加する声優のオーディションも開催されました。キャラクターデザインは「かる」で、「れるりり」が作詞作曲した「Love abuse」がテーマソングとして決まりました。第17回テレビ放送で、ゲームのタイトルが「恋愛 エターナル学園」に決まったと発表されました。第19回テレビ放送で2014年3月中に間に合わせるために豪華声優陣の参加も急遽決定しました。3月中旬には公式HP、公式ツイッターが開設されて、2014年にスマホアプリゲームとしてサービスが開始される予定です。

田村淳の新妻選手権

田村淳に贈るウェディングソングのMVに出演する新妻役のオーディション企画です。アイドル、芸人、生主(ニコニコ生放送の配信者のこと)など8人がエントリーし、オーディションと言う名の対決が繰り広げられました。内容は「なじられた時の対応」「笑顔」「手先の器用さ」「3分クッキング」「3分間の服たたみ」「演技」と7回戦が行われ、優勝者は現役OL生主「ねぎたん」に決まりました。

今までにないシリーズ

「今までにない生放送を作ろう」の企画では、元おニャン子クラブにして歌手・女優・タレントとして芸能界の第一線を行く国生さゆりにニコニコ生放送を体験してもらい、今までにないニコ生を作りました。ニコ生では国生さゆりの説法放送が行われました。「今までにないゲームを作ろう」は、番組アシスタントのドグマ風見の担当プロジェクトでした。ボードゲームやアナログゲームは大人数で出来るから良いという意見から、初対面の人と仲良くなれるアナログゲームを作ることに決まります。ドグマ風見はニコニコ生放送でアイデアを募って「ホメタッター」を完成させてゲームデザイナーの堀井雄二に披露しました。そこから更に改良を加え、相手を褒め合い仲良くなれるゲーム「おだて豚」が完成しました。この「おだて豚」はつくり場CDに特典として封入されています。

桃知みなみがイルカに乗る動画を作ろう

番組アシスタントの桃知みなみが担当したプロジェクトです。当初は桃知がシャチに乗る動画を作る予定だったのですが、水族館に問い合わせたところ「シャチは危険」と言われてイルカに変更になりました。イルカの上に立ってプールを1周する練習をするも上手く行かずに制限時間を迎えてしまいます。その時、妹の桃知みなこが突然現れてプールを一周し、プロジェクトを成功させました。

キンプンマンをテーマにした動画

桃知みなみの担当企画です。イラストレーターの岸田メルのTwitterに上げられた、全身金色の自身の写真が話題になったことをヒントに、キンプンマンをテーマにした動画を作ることが決定しました。動画に合わせた曲「Shine」も作られてPV動画が完成しました。動画にはヒロインとして、番組アシスタントの相楽咲花扮するキンプンマンレディーも登場します。

新進気鋭のクリエイターを応援!
ドリームクリエイター

新進気鋭のクリエイターを応援!ドリームクリエイター イメージ